性病ガイド TOP ≫ 淋病について 淋病の治療法

淋病の治療法

淋病の治療法としては、ペニシリン等の抗生物質の注射や内服薬で治療するのが代表的です。また、ペニシリンにアレルギー反応が出る方なら、スペクチノマイシンを投薬しての治療となります。男性であれば泌尿器科か性病科。女性であれば婦人科や性病科で診断してもらえます。もしも咽頭炎であるようであれば耳鼻咽喉科で診察を受けることができます。

淋病を治療し始めてから全快に至るまでの期間は、早くて三日間、平均的には数週間程度になります。また、女性の場合は治療期間が長くなってしまうこともあるようです。投薬を始めたら、医師の指示通りに最後まで服薬を続けましょう。症状がなくなったからといって勝手に服薬を中断してしまうと、淋菌は再び繁殖を始めてしまいます。そうなると淋菌が抗生物質に耐性をつけて「耐性菌」になることもあり、淋病が治りにくくなってしまう事態にもなりえます。しかも最近では風邪などといった様々な場面で抗生物質を使うことが多いため、この「耐性菌」が出現しやすくなっています。もしも「耐性菌」が検出されてしまった場合は、治療が困難になり、長い闘病生活を強いられることもあります。

「耐性菌」が蔓延り始めている現状、出来ることならコンドームなどを使用して淋病などの性病を予防するよう心がけましょう。仮に淋病にかかってしまったとしても、治らない病気というわけではないため、医師との相談の上でしっかりと治療していきましょう。

淋病について

アマリール 副作用
アマリールの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

筆耕 表彰状
筆耕の表彰状なら代書・代筆・筆耕の書道サービスで!

新幹線回数券 買取
http://www.akb-shinrai.jp/