性病ガイド TOP ≫ 淋病について 淋病の症状(女性)

淋病の症状(女性)

淋病の症状としては女性の場合、排膿・排尿痛・尿道不快感・痒み・黄緑色の膿のようなオリモノがでるような症状がでるでしょう。また異様な悪臭がでる場合もあります。放っておくのは危険で子宮頚管炎を起こしてしまうかもしれません。これ以外にも咽頭に感染した場合は咽頭炎を発症します。また、咽頭に感染した場合は、症状が出にくいため見極めが難しいです。他の部位にも感染することがあり、尿道・子宮頸部・直腸・眼の結膜に悪影響を及ぼす場合があります。

男性が感染から発症までの潜伏期間が短めなのに対し、女性の場合は何週間・何ヶ月と自覚症状が出ないことも多々あるため、発覚しにくいのが難点です。しかも症状が出ても、オリモノに異常が出るという形であるため、医師でさえ膀胱炎や膣炎として診断を下すこともあり、やはり発覚しにくい性病です。とはいえそのままにしておくと、淋菌が骨盤内の膜や卵巣を侵食してしまい、内臓を炎症に追いやったり、不妊症・子宮外妊娠の原因となったりしてしまうので、少しでも淋病の疑いがある場合は医師に良く検査してもらったほうが良いです。

女性が検査によって淋菌の感染を確認できる確率は、たったの六割程度です。これは男性が、陰茎からの分泌物サンプルを使って九割以上の確率で診断できるのに比べ、かなり低い確率です。運が悪ければ一度の検査では発覚しない場合もありますので、淋病の症状が出続ける場合などは、完全な判定を得るまで何度も検査を受けたほうが良いかもしれません。

淋病について

レンタルドレスなら
http://www.rakuten.co.jp/rentalnana/

抱っこ紐
抱っこ紐・おんぶ紐ならおしゃれで機能的なsun&beach!