性病ガイド TOP ≫ 淋病について 淋病とは

淋病とは

淋病とは性病の一種で、喉に感染した場合は咽頭炎を起こすものです。感染率としては約30%とやや低めですが、性器クラミジアと同時に感染している場合などもありますので注意が必要です。さらに淋病に感染しているとHIVに感染する確率は数倍高くなってしまいます。あらゆる性病に関していえることですが、放っておけば新たに別の病気を発症してしまうこともあるので、出来るだけ早めに病院で診断を受けたほうが良いです。

淋病にかかると淋菌性の尿道炎を発症してしまい、尿道内腔が狭くなってしまいます。そうなると排尿時に痛みを伴い、尿にはまるで勢いがなくなり、パタ、パタ、と落ちてしまいます。この時の様子が、雨降りに木の葉から雨露の零れ落ちる「淋しさ」を連想させるため、「淋」の部分を取って「淋病」と名づけられた、というのが、もっぱらの通説です。とはいえ淋病にかかってしまうと排尿時などに痛みを伴いますので、当事者としては「淋しさ」がどうだなどと情緒溢れることは言っていられません。早急に治療してしまいましょう。

淋病は性行為の際だけでなく、出産時に母子感染してしまう可能性もある性病です。自分自身だけでなく家族にも累が及ぶ危険があるので、感染しないように出来る限りの注意を払いましょう。感染していない場合は予防に気を配り、感染してしまった場合は改善・治療に取り組み、淋病についての正しい知識を得て、しっかりと対策を立てるようにしましょう。

淋病について

レーシック
レーシックなら確実性と安全性を追求する吉野眼科で!