性病ガイド TOP ≫ 尖圭コンジローマ 尖圭コンジローマの潜伏期間

尖圭コンジローマの潜伏期間

尖圭コンジローマはヒトパピローマウイルス(ヒト乳頭腫ウイルス・HPV)というウイルスが原因となっています。ですので、尖圭コンジローマの潜伏期間としてはウイルスが感染してから、イボを確認するまで少し時間がかかります。一般的には約1ヶ月から2ヶ月くらい、早いと三週間ほど経った段階で発症すると言われています。しかし長い時には8ヶ月も潜伏し続けることがあるので、非常に安定性に欠けます。この安定性に欠ける潜伏期間が、感染源の特定を困難にします。

尖圭コンジローマは無症状になることがありますが、この時でも他者と性行為を行えば感染してしまいます。また尖圭コンジローマは比較的弱い性病であるため、無症状の場合だと1年が経つ頃には自然に治ってしまうこともあります。症状が出る場合はイボなどが現れるので判りやすいのですが、無症状の状態は潜伏期間中とほとんど変わらないため、尖圭コンジローマにかかっているのか自体が判りにくいのが難点です。

尖圭コンジローマは一度治ったと思っても、ヒトパピローマウイルスがしつこく潜伏しているため、再発率の高い性病です。潜伏しているヒトパピローマウイルスも全て殲滅しきるまでは、完治にはなりません。イボなどが消えたとしても、すぐに気を抜いたりせず、潜伏期間中は油断無く過ごしたほうが良いでしょう。尖圭コンジローマの安定性に欠ける潜伏期間は厄介ですが、主治医と相談しながら、根気良く治療を続けていきましょう。

尖圭コンジローマ

白衣 ケーシー
白衣のケーシーなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

大判ポスター(同人・学会)の激安印刷|ディプリーズ楽天市場店
http://www.rakuten.ne.jp/gold/dpris/