性病ガイド TOP ≫ 尖圭コンジローマ 尖圭コンジローマの感染経路

尖圭コンジローマの感染経路

尖圭コンジローマの感染経路としては、主に性交渉により感染します。感染する確率は性病の中でも高く、尖圭コンジローマに感染している人と性交渉を持った場合、約60から70%以上の確率で感染すると言われていますので注意が必要です。他にも、サウナや大浴場などといった公共の場においても、尖圭コンジローマは感染してしまうことがあります。

尖圭コンジローマの厄介なところは、無症状の場合があるということです。無症状の場合はイボすら出ず、感染者の免疫力が高いと、一年程度で自然に治ってしまいます。それだけを聞くと何も問題はなさそうですが、たとえ無症状であったとしても、感染期間中に他者と性交渉などを行ってしまうと、相手にはしっかりと感染してしまうのです。これが原因で尖圭コンジローマの感染が拡大されてしまうことにもなりえます。

また、尖圭コンジローマの感染源を特定したくとも、困難な要素があります。通常は1ヶ月から2ヶ月ほどの潜伏期間を経て発症する尖圭コンジローマですが、場合によっては三ヶ月以上、長くて八ヶ月ほどの長期に渡って潜伏し続けることもあります。この安定性の無い潜伏期間の長さが、尖圭コンジローマの感染源の特定が困難なことに拍車をかけます。

尖圭コンジローマの様々な特徴が災いし、感染源は非常に特定しにくいものとなっています。公共の場においても感染してしまうことがあるため、仮に自分自身が尖圭コンジローマに感染している心当たりなどがあった場合、検査を受けにいくべきでしょう。

尖圭コンジローマ