性病ガイド TOP ≫ 毛じらみ 毛じらみの予防法

毛じらみの予防法

毛じらみの予防法として有効なのは、もちろん、毛じらみが寄生した人との性交渉を避けることでしょう。また、性交渉以外でも感染することがあるため、毛じらみが感染した人と、下着、タオル、シーツなどの共用をしないことが大切です。しかしながら、大浴場などといった公共の場では、誰が毛じらみを持っているかなど確認できないものです。とはいえ見知らぬ他人と積極的にタオルなどを共用することは無いでしょうし、使い捨てのタオルなどを拾って使用したりしない限りは、公共の場においての感染の心配は少ないかもしれません。

もし家族の誰かが毛じらみにかかってしまった場合などは、タオルやシーツを出来るだけ共有しないことが大切です。冷たい接し方をしているというわけではなく、感染を拡大させないために必要なことなのです。感染者のみならず、周りの家族の理解も大切ですので、毛じらみに対する知識をしっかり身に付け、家族全員で予防を心がけましょう。

毛じらみは少しのことでも感染しやすいため、特に注意を払うことが必要です。あらゆる性病に共通する、不特定多数との性交渉による接触は、やはり控えた方がいいでしょう。しかも陰毛同士が触れ合うことによって感染するという性質のため、他の性病には有効だった「コンドームを装着する」という対策は、まるで意味を成しません。毛じらみを持つ感染者が性交渉をした場合は、ほとんど確実に相手へと感染してしまうため、治療が終わるまでは性交渉を控えるべきでしょう。

毛じらみ

e-おくすり
e-おくすりなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

http://richidad-office.com/richdadofficetoha.html
http://richidad-office.com/richdadofficetoha.html