性病ガイド TOP ≫ ヘルペス ヘルペスの治療法

ヘルペスの治療法

ヘルペスは治療法としては、まずは泌尿器科、性病科、婦人科(女性の場合)で診察を受けることでしょう。抗ウイルス剤のバラシクロビル、アシクロビル、ビタラビンなどを使用して治療していきます。飲み薬や塗り薬があり、両方の投薬を同時に行うのが一般的です。最近では感染者本人の再発を予防でき、更に性交渉の相手に感染させる確率を抑制できる治療も進められています。

ヘルペスウイルスは非常にしつこいウイルスで、T型・U型・帯状疱疹型と、どのヘルペスウイルスでも神経節に潜伏感染するため、完全に体内から排除することは出来ません。そのため治療においては、再発したところを治療するか、再発そのものを予防する方法が一般的とされています。最も苦しいのは女性の感染者で、月経が来ることで抵抗力が弱まって、そのたびに発症してしまうこともあります。こうなると心身ともに消耗していくため、ストレスが溜まって別の病気が発症してしまう場合もあるのです。月経のたびにヘルペスが暴れだしてしまう方は、医師とよく相談しながら、長い目での落ち着いた治療を心がけましょう。

現在の段階で、ヘルペスウイルスを完全に体外へと追い出す方法はないため、再発を抑える形で治療を進めていくことになります。しかしヘルペスの治療薬の研究・開発は随時進められています。今後の発展によっては、完治薬が出来る可能性もあるでしょう。ヘルペスの治療に最も効果的なのは、根気強く治療を続けていく持続力です。

ヘルペス

ルリッド
ルリッドなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

ナースシューズ メンズ
ナースシューズのメンズなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!