性病ガイド TOP ≫ ヘルペス ヘルペスの感染経路

ヘルペスの感染経路

ヘルペスの感染はキス、オーラルセックス、性交渉などがあります。ヘルペスは性病の中でも感染力がとても強いウイルスです。トイレの便座や電車の吊り革、サウナや温泉などによっても感染する可能性があると言われているのです。また、帯状疱疹ウイルスによって発症したヘルペスも感染しやすく、水疱瘡の子供の近くにいるだけでも感染・発症してしまうことがあります。多くの性病の中でも、非常に感染しやすい部類であるといえます。

性器ヘルペスには感染経路として非常に厄介な特性があります。それは初感染者のセックスパートナーの優に七割前後が「無症候性」という、感染していながらも無症状になってしまうという特性です。このため、知らない内に性交渉した相手へとヘルペスをうつしてしまうこともあり、状況によっては感染を拡大する結果になってしまいます。症状が出た場合は患部に潰瘍が出たり、激痛・神経痛を伴ったりしますので、苦しいとは思いますが発見は容易です。

どんな性病にもいえることですが、不特定多数との性交渉を行うと、ヘルペスにかかってしまう可能性も高くなってしまいます。性病対策にはコンドームが有効とされていますが、ヘルペスは非常に感染力の高いウイルスですので、コンドームをしていても感染してしまうかもしれません。とはいえ、何も対策しないのよりは良いですし、他の性病対策にもなりますので、性交渉の際はコンドームを出来るだけ装着するようにしましょう。

ヘルペス

ムノバール
ムノバールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!