性病ガイド TOP ≫ ヘルペス ヘルペスの原因

ヘルペスの原因

ヘルペスの原因というのは、そもそもヘルペスウイルスが感染してしまうことにあります。皮膚や粘膜にヘルペスウイルスが入り込んでしまうと、それが皮膚・粘膜で水泡を形成してしまい、潰瘍となってしまうわけです。実のところ性病としてのヘルペス以外にも、水疱瘡などによってヘルペスウイルスが入り込んでしまうこともあります。水疱瘡によって感染するヘルペスは帯状疱疹ウイルスといい、T型・U型のヘルペスに比べて症状は軽いですが、体内に潜伏し続けるなどの特徴は同じです。風邪・疲労感によって抵抗力が落ちたところにいきなり再発するのも同じで、多くの人が感染しているウイルスです。

性病に関しての性器ヘルペスなどは、当然ながら性行為が原因で感染するものです。しかし帯状疱疹ウイルスに関しては、子供時代に発症した水疱瘡などが原因となります。しかも帯状疱疹ウイルスは感染力が非常に高く、たとえば水疱瘡にかかっている子供の近くにいるだけで感染・発症します。水疱瘡そのものは、治療が終われば免疫ができるため二度目の発症はほぼありません。ですが、神経節には帯状疱疹ウイルスがしつこく潜んでおり、これが大人になって抵抗力が弱った時などに再び発症してしまうことがあります。

性器ヘルペスの原因は性行為、帯状疱疹ウイルスの原因は子供の頃にかかった水疱瘡、と覚えておけば解りやすいかもしれません。どちらもヘルペスとしての特徴を持っており、性質も非常に近しいものです。

ヘルペス

ポスターを印刷する
http://www.rakuten.ne.jp/gold/dpris/

マーロックス
マーロックスなら医療関係者向けの製品情報サイトで!