性病ガイド TOP ≫ ヘルペス ヘルペスとは

ヘルペスとは

ヘルペスは口唇などにでるT型と、性器などにでることが多いU型の2つがあります。主にウイルスが口へと感染するヘルペス性口内炎や、口唇ヘルペス・ヘルペス脳炎などを起こすのがT型で、性器ヘルペスはU型の場合が多いでしょう。どちらも単純ヘルペスウイルスによって引き起こされる性病で、単純ヘルペスウイルスは目玉焼きに似た形状を保っています。ヘルペスT型は再発しにくく、ヘルペスU型は再発しやすいという特徴がありますが、しかしこのT型・U型の違いはオーラルセックスなどが様々な変容を見せて多様化してしまったため、区別されにくくなっているのが現状です。しかも性器ヘルペスの場合、初感染者のセックスパートナーは、およそ七割は症状が出ない「無症候性」であるという報告まで出ているため、ここから感染が拡大してしまうこともあります。

ヘルペスウイルスは風邪・疲労感によって免疫力が落ちてしまっているところに発症しやすくなる、非常にいやらしい性質を持ったウイルスです。今現在の段階では、ヘルペスウイルスを完全に身体から追い出すのは不可能なため、感染してしまった場合は気長に付き合っていく覚悟を決めなくてはなりません。決して悲観的にはならず、ヘルペスの引き起こす症状などをしっかりと把握し、負担を和らげましょう。ヘルペスにかかっていない方でも、感染経路や予防法などを学ぶことで、ヘルペスを防ぎましょう。あらゆる性病に言えることですが、対象の性病を良く知ることが、予防・改善においての第一歩です。

ヘルペス