性病ガイド TOP ≫ 梅毒 梅毒の症状

梅毒の症状

梅毒は感染して一週間から十三週間ほどで発症し、最初に親指大の潰瘍が外陰部にできるでしょう。これは初期硬結でまだ痛みがありません。さらにワッセルマン反応で陰性が出るかもしれません。しかしそのまま放っておくと内臓や血管、神経などに影響を及ぼし脳梅毒になります。梅毒の症状は第一期・第二期・潜伏期・第三期・第四期という五段階に分けられており、症状が進行していくごとに障害や痛みなどが増していきます。

*第一期
感染して三週間から三ヶ月ほどの、最初の段階です。梅毒トレポネーマが陰部や口唇部・口腔内などに侵入すると無痛性の塊が出て、その塊はほとんどの場合すぐに消えますが、低い確率で潰瘍になる場合もあります。

*第二期
感染して三ヶ月から三年間ほど経つと、第二期に入ります。第二期に入ると体中のリンパ節が腫れてしまい、発熱・関節痛などを引き起こし、倦怠感なども併発することがあります。赤い発疹が手足の裏から顔面にかけて全身まで広がることもあります。これらの症状は、治療せずとも一ヶ月ほどで消えますが、抗生物質を投薬しないと梅毒トレポネーマは身体の中に残り続けます。

*潜伏期
前期潜伏期と後期潜伏期の二つに分けられます。前期潜伏期は第二期が終わると同時に始まり、二、三年間は第二期の症状が繰り返されることもあります。後期潜伏期は何年も続く場合があり症状もおとなしくなって、この間は他者への感染もありません。

*第三期
感染してから三年から十年ほどで第三期に入ります。弾力性のある腫瘍が出来ます。ここまでくると治療が出来なくなり、取り返しがつきません。

*第四期
感染してから十年以降が第四期であるといわれています。体内の臓器に腫瘍が多数発生してしまい、また脳や脊髄に異常をきたし、最終的には死に至ります。

梅毒

アミティーザ
アミティーザならおなかのはなし.com

ランタス
ランタスなら医療関係者向けの製品情報サイトで!