性病ガイド TOP ≫ クラミジア クラミジアの感染経路

クラミジアの感染経路

クラミジアの感染経路としてはキス、オーラルセックス、性交渉などがあります。具体的には性交渉により、性器や咽喉の粘膜を通ってパートナーの粘膜へと感染します。男性の場合は尿道に感染し、女性の場合は膣内に感染します。また男女の別なく、オーラルセックス・キスによって咽頭に感染する場合もあります。特にキスの場合、フレンチキスなどの軽いものよりも、ディープキスなどのほうが感染率は上昇します。

クラミジアは自覚症状に乏しい性病のため、いつ感染したのか、どこから感染したのかが判りにくいのが難点です。特に、何らかの理由で不特定多数の相手と性行為をしていた場合、どこから感染したのかを特定するのは極めて困難です。特定の交際相手と以外は性行為をしていないのに、クラミジアに感染してしまったという場合は、その相手から感染した可能性が高いです。しかしだからといって、交際相手が浮気しているとは断定できないので、早まらないでください。再三申し上げているとおり、クラミジアは自覚症状に乏しい性病です。以前の交際相手から既に感染していたケースもありますし、それは相手だけでなく自分自身にも当てはまることなのです。

クラミジアの感染を防ぐには、コンドームを装着して性行為をすることが効果的です。コンドームの装着は、ほとんどの性病予防に効果的な手段です。とはいえ、キスなどでも感染してしまう可能性もある限り、コンドームを装着したからといって確実にクラミジアを予防できるわけではありません。また、風俗などの利用で不特定多数の相手と性行為をするのは、出来ることなら控えたほうがいいでしょう。風俗を利用する場合でも、コンドームなどは必ず装着することをオススメします。

クラミジア

札幌 調律
http://www.piano-inoue.com/

ポスターを印刷する
大判とかデジカメプリントならディプリーズ楽天市場店で!