性病ガイド TOP ≫ クラミジア 症状(女性)

症状(女性)

クラミジアの症状としては、女性の場合ほとんど痒みなどがなく自覚症状がないのが特徴です。しかし黄色のオリモノや悪臭のあるオリモノが出るなどでわかるかもしれません。また、オリモノ自体の量が少し増えることもあります。知らずに放置しておくと子宮頚管炎から骨盤炎を起こすこともある大変危険な病気です。不妊症や早産・流産にもつながる恐れがあり、産道感染から新生児に結膜炎・肺炎などの悪影響を及ぼす場合もあります。

男性に比べ、女性はクラミジアの発症で痛み・痒みを伴わないため、自覚症状に乏しいのが難点です。判断材料がオリモノに異変がないかどうか、というだけなのも心もとなく、それだけの要因で診断を受けに行く方も少ないです。最終的には子宮頚管炎などを発症し、その時にクラミジアの感染に気付くというケースも多いですが、それでは遅すぎるかもしれません。クラミジアは自然治癒することがほとんど無いため、治療を施さない限り治ることはありません。この保菌力の高さも、クラミジアの厄介なところです。

女性がクラミジアの感染に気付くのは、オリモノに異変を感じ取った場合か、もしくは別の病気の検診で医者にかかった場合、またはパートナーにクラミジアの感染が発覚した場合です。パートナーにクラミジアの感染が発覚した場合は、まだ自分自身にも感染しているか判りませんし、もしかしたら自分が感染させたという可能性もあります。なんにせよ、その場合は自分もクラミジアに感染しているかをハッキリさせるため、検診を受けに行った方が良いでしょう。

クラミジア

遺品整理を大垣で探しましょう
遺品整理を大垣でならまごころ便利屋スマイルで!

リキスミア
リキスミアなら医療関係者向けの製品情報サイトで!