性病ガイド TOP ≫ クラミジア 症状(男性)

症状(男性)

クラミジアの症状としては男性の場合、排膿、尿道縁による白色の分泌液さらには排尿痛、尿道不快感、尿道の痒みなどを伴います。そのまま放っておくのはとても危険で、最終的には前立腺炎や副睾丸炎になる危険性があるのです。またそれら性器付近だけでなく、体内の深部で肝炎や腎炎なども引き起こしてしまう可能性もあります。

クラミジアは通常の場合、1週間から3週間ほどで発症します。しかし人によっては無症状なケースがある上に、発症しても自覚症状に乏しいことがあります。男性の発症は女性に比べると比較的わかりやすく、尿道から透明の膿が出たり、排尿時に軽い痛みがあったりします。他にも尿道に不快感を覚えてむず痒くなってしまうなど、尿道に何かしらの違和感を覚える場合に感染している可能性が高くなってきます。それでもやはり自覚症状が出にくいこともあり、感染しても気付かないまま放置しているケースも多いです。

クラミジアの最も危険なところは、自覚症状の出にくいところです。自覚症状の乏しいまま性行為に及んだ場合、相手に感染してしまうこともあるのです。それだけでなく、クラミジアに感染していると他の性病に感染する確率も高くなりますし、先に述べた前立腺炎や肝炎などの炎症も引き起こしてしまう可能性があるのです。クラミジア単体でも男性の場合は尿道に不快感などの悪影響を及ぼすものですし、出来ることなら早期発見を心がけ、早めに治療してしまうほうが得策です。

クラミジア

ポスター印刷
同人ポスターなら目指せ最安値のディプリーズ 楽天市場店で!

リスモダン
リスモダンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!