性病ガイド TOP ≫ クラミジア クラミジアとは

クラミジアとは

クラミジアは性病の代表選手ともいえるくらい有名なものです。感染しても女性の約75%、男性の約50%の人には自覚症状がほとんど無いと言われており、そのためさらなる感染を広げてしまう危険性があるのです。クラミジアの感染を防止するためには、正しい知識を持つことが大切です。

クラミジアというのは正確にはウイルスのことを表す名称で、そのクラミジアに感染してしまった状態のことを「性器クラミジア感染症」といいます。この「性器クラミジア感染症」は広く名前が知れていくのと共に、一般的にもクラミジアと総称されることが多くなり、「性器クラミジア感染症」=「クラミジア」という風にその名が定着しました。

クラミジアは簡潔にいうと、尿路や性器に感染して各部位に炎症を起こさせる性病です。人によっては自覚症状を伴わない場合もありますが、これを放っておくと、男性なら前立腺や肝臓・腎臓などに炎症を起こす原因となってしまい、女性なら子宮などに炎症を起こしてしまう原因となることもあります。女性の場合は更に、子宮外妊娠や不妊の一因となってしまう場合もありますし、通常妊娠をした場合でも産道感染してしまっていたら、新生児に結膜炎や肺炎などの悪影響が出てしまうこともあります。

クラミジアは粘膜の接触によって感染してしまうため、通常の性行為以外でも、例えばキスなどでも感染してしまうことがあります。クラミジアに感染すると、男性は排尿時などに痛みを感じることもありますし、女性なら下腹部に違和感を覚えることがあります。またクラミジアに感染した場合、クラミジア以外の性病やHIVの感染率も大きく上昇してしまう危険があります。自覚症状の出にくい性病ですので、もしも心当たりがある場合は、ほんの少しの違和感でも診察を受けたほうが良いかもしれません。

クラミジア

ナースサンダル 通販
ナースサンダルの通販なら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!